天才の俺が気付いたら中卒、病気持ちだった件!(((ノ゚⊿゚)ノ

のほほんとしていながら決める所は決める「ガチの落ちこぼれ」が、立ち上がっていく姿を追うノンフィクションブログですぜ

ニンテンドースイッチの更新データ4.0.0の内容まとめ。ていうかニンテンドースイッチに新機能搭載の実質続きです…

困った困った、スイッチで録画ができるようになったのにテンションが上がり過ぎて、まったく他の更新情報を確認せずに、ブログUPしてしまった…。反省もかねて詳細についてのまとめをUPします。反省文のようなもんですね、はい。))

 1.ゲームプレイ動画の撮影機能の搭載

まずは既に紹介した、ゲームのプレイ動画の撮影が出来るようになったこと。プレイ中にホームボタンを長押しすると、最大30秒前からの動画を残せる。もちろん(?)snsに投稿も出来る。なんかもうかなりの数があがっているらしい、これがプレイ動画投稿の新時代を切り開いていくのかもしれないな。

一個注意点は、一部のゲームにしかまだこの機能が対応していないこと、時間の問題だとは思うけれど…。

 2.ユーザーアイコンを12種類追加

スーパーマリオオデッセイと、ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドから6種類ずつとのこと。まぁ俺はドンキーコングを外しはしないけどね!

 3.ユーザーとセーブデータを違うスイッチに移す機能の追加

これだよ!!これを待っていた人は多かったのでは?というかなぜ今まで無かったのかが不思議なこの機能(大企業ともなるといろいろあるのでしょう、深く考えませんわ)。これを追加してしまうと、俺のような良からぬことを考える奴が出てくる。

そう、一家での複数持ちである。俺には姉がいて、共にスプラをやっているんだけど、データを移して2台揃えば、リーグマッチなんかがお手軽に出来てしまう訳だ。

 4.ニンテンドーeショップで「あらかじめダウンロード」に対応

あらかじめダウンロードとは、発売前のゲームを事前にダウンロードしておくことで、発売したらすぐに遊べるという方法の事。これが一部ソフトで、ニンテンどーeショップでも出来るとのこと。発売されたのにダウンロードに時間がかかるというのは嫌な人多いからね、ちなみに俺はその自分の無力さを痛感する瞬間が結構好き。

 5.ローカル通信を使って、近くの人とソフトのバージョンを揃える事の出来る機能追加

『よーしこれからローカル通信でスマブラやろう』

『良いぜ、えーとあれ?   やばい、ソフトの更新してなかった…』

『………………』

というような、俺が実体験した事のあるようなことがこれを使えば起きずに済みます!

ローカル通信で、更新データを相手に送ることが出来たそうです。

 

+その他もろもろバランス調整って感じです。

 

動画や写真の投稿はかなり興味が俺もある、実際やってみたいと思ってるからツイッターで何個か投稿してみようっと。自分で写真を選んでおいで、写真で一言大喜利に答えるというこの遊びは、新鮮で楽しそうだ