天才の俺が気付いたら中卒、病気持ちだった件!(((ノ゚⊿゚)ノ

のほほんとしていながら決める所は決める「ガチの落ちこぼれ」が、立ち上がっていく姿を追うノンフィクションブログですぜ

季節の変わり目…皆様いかがお過ごしでしょうか?鬱病の慢性的な体調不良故に風邪ひいていることに全く気付けなかった男が暑中お見舞い申し上げます。鬱病の皆も気をつけて!

暑いすな!

季節の変わり目は体調を崩しがちなもの…

鬱病者は特にその影響を受けやすいものでございます。

私もその例に漏れず、体調をかなり崩しておりやす。

 

ですがこの体調不良、鬱病のせいだけではありやせんでした…

わたくし、なんと風邪をひいておりやした!

バカは風邪をひかないというアレは嘘だったんですなぁ~

 

なんか体調悪いな~って思ってたのですが、周期的なものだろうと思い放っておいたのです。

そしてようやく昨日気付いたのです…「あれれ~おかしいぞぉ~」と。

いつもの鬱病による体調悪化に比べて回復が遅いし、喉痛いし、クラクラするし!

これは…まさか…風邪!??

そして病院に行き、教えてもらったのです。先生に教えてもらったのです。

風邪をひいていることを。

鬱病患者は自分の身体の変調に気付きにくく、普段から不調が多いため、

風邪とかの病気に気付きにくいと思うから気ぃ付けろよ!俺含め!

季節の変わり目ですげぇ体調を崩したことで気付いた「定期的に具合が悪くなることの、鬱病を治す上での重要さ」

うえぇぇぇぇ…

具合悪かったぁ

一年ぶりくらいだ、ここまで酷くなるのは。

でもなんとか復活ぅ!

そんで今回の具合悪くなった経験を通して、「具合が悪くなること」が鬱病の治療において、割と重要な効果を果たしていることを見っけた!

 

鬱病治療においてとても重要なことは、「現状を変えたいと思うこと」。

鬱病治療は体調の安定を目指すが、

安定というのと、変化しないということとは違う。

俺は鬱病との付き合い方も分かってきたし、治し方も大分把握してきた。

そのことが、どこか俺に安心感を持たせ、現状を変えていきたいというエネルギーが湧いてこなくなっていた。

今回の大きな体調の乱れで、自分を変えたいという純粋な動機がまた出てきた気がする。

「今を認めつつ、変わることへの好奇心をもち続ける」

そんな心持でいるには、定期的に具合が悪くなるということが多少なりとも必要なのかもしれない。

具合が悪い時はなにも出来ないし、絶望もするし、最低の気分だが、

苫米地英人さんの本にあるように、「人間は心が折れるからこそ価値がある」のだろう。

体調不良から復帰していく過程では、いつも清々しい変化の快感を感じる。

この快感を何度も通り、鬱病を治していく…いや付き合い方を覚えていくのだと思う。

 

という訳で!!頑張りまっせぇ(*゚▽゚)ノ

<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/hiruma5/hiruma5.hatenablog.com/subscribe/iframe" allowtransparency="true" frameborder="0" scrolling="no" width="150" height="28"></iframe>

コペルニクスもびっくり?地動説に並ぶ、常識はずれの新常識。その名は「ごはんは目をつぶって食べた方が良い理論」……長いわっ!!!

どうも21世紀最大のごはん学者ひるまです…まだ21世紀始まったばかりだけど…

 

地動説は、当時常識とされていた天動説を信じる人たちにとってはとんでもない理論でした。

この説を唱える者は大昔からいましたが、「常識」という加護を受けている天動説は、長い間人々にとって当たり前のことでした。

そんな中地動説が正しいと主張した学者は、ホントに凄い!

周りに流されず、自分の頭で考え判断する。これぞ真の探究者!くぅ~痺れる!

 

現代においても、常識という名の力を振りかざす天動説は後を絶たないのだろうが、

俺はどんなにおかしいやつ扱いされようが、自分の頭で考えた説を常識で捻じ曲げてしまう事はしたくは無い!

 

だからここに記しておこう!俺が昨日思いつきでやってみたところ、「あれ?これ良くね?」となった究極の説を!

それが「ごはんは目をつぶって食べた方が良い理論」だっっっっ!!!←そんなことか~い!??

この説は目をつぶってごはんを食べてみようという、俺の気まぐれが生んだ説。

この説について少し説明しよう。

f:id:hiruma5:20180517102116j:plain

目をつぶった方が良い理由その1「美味しい」

普段味わっていると思っていたが、目をつぶって食べるといかに普段の食事に集中していなかったかが分かる。

見ているもの、そして視覚を通しての目の前で起きていないことへの思案が、食事への集中を大きく遮っているようだ。

目をつぶると飯が美味い!味わいだけでなく食感、香り、舌触りなどなど、普段気付いていなかった食べ物魅力に気付く。

食べるという事、食べている食べ物への集中は

食楽の基本らしい。

目をつぶった方が良い理由その2「最先端の休息」

マインドフルネスなど、休息法として大きな効果を持つ瞑想法は、

「今」へのフォーカスを重要視している。

「まさに今していることや起きていることへの意識の集中」は、現代的な「今自分が感じていることへの興味」の低下による身体の悲鳴をやすめてくれる。

目をつぶってとる食事は、完全に「今」への集中である。

食べ物を手に取った時の感じる重さ、触感

食べている時の食感や味わい

自分の口の動き、手の動き、舌の動き、喉の動き

これらのような「今」に自然に意識が向く。

現代的な病(慢性疲労、自律神経失調症、精神病、過敏症など)の多くは、実は「今」へのフォーカス不足で起きていることが多いので、この食事法はおすすめだ!

そしてなにより目を休めることが出来るぞっ

目をつぶった方が良い理由その3「前頭葉の活性化」

前頭葉が弱っているのが現代人の特徴とよく言われている。

ストレス社会において、ストレスに負けない脳みそであることはとても重要だ。

前頭葉は「普段とは違う事をする・自分の予測不可能なことをするという刺激(ストレス)」を受けると活性化する。

例えば、

入ったことの無いお店に行く

初めての曲を聴く

行ったことの無い街に行く

などなど。

目をつぶった食事にこのような刺激があふれていることは、説明不要!

今までと異なる食事形式であること、

食べなれたものの未知の面が見れること、

簡単な事(食べ物を箸でとるなど)が当たり前に出来なくなるので、食べれたことへの原始的感動が生まれること、

あげればきりがない。

目をつぶった方が良い理由その4「視覚偏重気味な生活に効果的」

視覚に大きく頼り切った我々現代人。

視覚情報のみに頼るスタイルは、あまり良いものではないのは確かだ。

五感の一つに重きが置かれ過ぎると、その感覚だけが重用され、感覚が本来的に持つ「現象を歪めて伝える」という面への注意や関心を持つのが難しくなる。

食事の時くらい視覚に休憩をあげて、他の感覚を研ぎ澄ましてみるのは結構良きものだ。面白いしね!

目をつぶった方が良い理由その5「胃腸に優しく、ダイエット効果も」

目をつぶって食事をした時にまず気付くのが、噛む回数が増えていること。そして食事スピードがゆっくりになっていることだ。

食べることのみに集中するので、噛む回数は自然に増える。そしてがっついて食べることが出来なくなるので(つぶってるからね)、スピードは落ちる。

なんとも胃腸に優しい食事法ではないか!!

目をつぶると、目の前の食べ物よりも自分自身の満腹シグナルの方に意識が向きやすいので、ダイエットにも効果があるだろう。

 

デメリットが0!?

実はこの食事法、ほとんどデメリットが無い。

食事は見た目も重要だが、この食事法をとるのは普段の見慣れた食事の時だけなので、見た目を楽しむということはほとんど考えなくていい。

見た目も楽しみたいと思った時は簡単な話だ。その時は目を開けて食べればいい。

 

食べにくいというのはあるが、

この食べにくいという事こそ、今まで味わったことのない刺激であり、むしろ楽しめるものだと思う。

 

ここでデメリットを考えてしまう人程、やってみてほしい。

なにかをやる時に、デメリットを考えて躊躇するのは前頭葉が弱っている証でもある。

 

 

 

 

 

 

以上、俺の超アホな説でした。内容は割とマジメに考えたんだけど、テーマがアホすぎる…笑

でも試しに一回やってみて下さい!意外と楽しいので!笑

大人のあたりまえ体操

さぁみんな!大人のあたりまえ体操の時間だよ

大人のあたりまえ体操とは、大人になれば当たり前だと分かることを体操にした新しい体操だよ。

今日も元気に行ってみよう!

 

あたりまえ~あたりまえ~あたりまえ体操

日本が民主主義だと~教えられたけど~………あれ嘘っ!

あたりまえ体操

 

平和のための~憲法9条~……核の傘っ!

あたりまえ体操

 

がんばれがんばれがんばれがんばれ~………がんばるなっ!

あたりまえ体操

 

大変な状況になって~初めて気付く~………世の中良い人多いっ!

あたりまえ体操

 

 

お金~お金~お金が欲しい~…………そんなにいらないっ!

あたりまえ体操

 

ランランランラン~ルンルンルンルン~…………いまだに楽しいっ!

あたりまえ体操

 

走るのだるい~

肩こりひどい~

カルビがきつい~

お金が欲し~

 

あたりまえ~あたりまえ~あたりまえ体操

チャンチャン~

 

俺「お酒を飲むと…酔っぱらうよ」

相田みつをにハマっている20歳の男。自分をクズだと知って大喜びする編

みつを先生、あざぁぁぁぁーーーーず!

自分を心からクソ人間だと、晴れやかな気持ちで分かる。この後には変化があると経験で俺は知っとる。

 

この状態になるのは久しぶりかも。半年くらいなかったかもしれない。

みつを先生…俺驕っていました完全に…。

自分の病気の回復と共に、苦しかった期間が完全に血肉となってくれている実感に、興奮状態にありました。変わり続けることを長らく忘れていました。

その結果が、現状の体調の急落…

 

みつを先生!俺は自分の思う理想像を他人にも適応しおうとする人間になるところでした!

あなたが教えてくれた…「理想なんかじゃねえだろ?そんなくだらんことより、お前なりにカッコよく生きろ!」

俺はカッコ良い大人になれるだろうか…みつをさん…

人類至上最高かつ最低の伝説のラジオ「くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン」を知ってほしい理由

多くのラジオ放送がある

しかし……他の追従を一切許さず頂点に君臨し続けるバケモノラジオ番組があったことをご存じだろうか?

くりぃむしちゅーのオールナイトニッポン

f:id:hiruma5:20180307133646j:plain

このラジオを是非聴いてみて欲しいし、これだけは聴いてみてもらわないとその面白さは伝わりにくいと思うのだが、これを聴いて「くだらねぇ~!!でもなんか元気でた!」と感じる人を増やしたいので←なぜだ???

個人的におススメできる点を書いていきたい。

 

このラジオのとんでも無さは一言で言ってしまえば、

「ずっと普通じゃない、常識を疑う何でももあり振り!」という点。

その一部をすこしのせてみる。

「ラジオのはじまりがいつも異常」

「一人のハガキ職人のラジオネームを変えさせる選挙を、丸々一回の放送を使って行う(第52回放送)」

「ぷにすけ・パチェコのコーナーというコーナーを、一切そのコーナーの説明をせずにつくり、しかもそのコーナーが人気コーナーになってしまう」

www.youtube.com

「番組の初めの方に、リスナーが二人に電話をかけ、タイトルコールをするのだが、基本的に毎回そのリスナーを有田が説教し続けて終わる」

「上田がスポーツに関する質問に答えるコーナー・晋也上田のハンパねぇ質問。そこでのリスナーからの質問がハンパなさすぎる(例えば、「スノーボードは頭に乗せてやってもいいですか?」「アスパラガスをキャッチャーにした場合、セカンドは誰にやってもらうべきですか?」「ラソンをしています。なかなかタイムが伸びず、スランプに陥っています。車で走ってもいいですか?」など)」

www.youtube.com

これらのメチャクチャぶりを、支えているのが有田の発想と言動のやりたい放題ぶりと、上田の何が起きてもツッコミ続ける対応力とある意味のノリの良さ。

この二人にしか出来ないラジオで、この二人の最高のやり取りをずっと見ていられる。

ちなみに漫才、コントのようなやり取りが多いので、本音トークみたいなものを聴きたい人には一切向いていない。上田の伝説的な黒歴史や、有田の悲しいリアル話などは頻繁に聴けるのだが…

また、放送当時のリスナーのセンスが秀逸すぎるのも特徴の一つ。

コーナーにおける、ネタはがきの面白さからして、他のラジオとは異質。

なによりリスナーとくりぃむしちゅーの距離感が近いのが面白さの根源の一つだと思う。その結果内輪ネタ化していき、初めて聴く人には意味の分からない用語が飛び交うという事態にもなっていく(笑

 

ちなみに人気ラジオでありながら謎の終了を遂げたので、放送回はそこまで多い訳では無い全159回。

お笑い好きの人も、今までにあまり体験した事の無い空気感を味わえると思うので、是非聴いてみて下さい!

この世で一番美味いものは固いものだ!理論。注:昨日の夜に2分くらいの間だけ考えてたレベルのやつです

美味いものってなんだろう…

これは多くの人間が一度は考えたことがあるのではないだろうか?

正直、美味しさなんかは人それぞれ。味覚が肥えているという言葉もあるが、それは色んなものの味を美味しいと感じれるようになった、

つまり不味いものも、その不味さが故に魅力があると感じれるようになった…

などが理由で、味覚のレベルが上がった訳では無い。

うーむ…でもひとそれぞれって結論は面白くない。せめて自分の中では「こういったものが美味いもの!!」と言えるようになりたい…

 

そこで思いついたのが、「固いものは美味い理論」でありやす。

ある人が90点美味しいと感じる食べ物Aと、20点美味しいと感じる(不味いと思っている)食べ物Bがあるとすると、Aの方が美味しいと考えがち。

この場合美味しさは

その食べ物の食べた時の味的な美味しさ=その食べ物の美味しさ

ってことになる。

だが!!!ここには時間軸が抜け落ちている。

美味しさとは、「食べた瞬間の味わい」×「瞬間の味わいが持続する時間」なんじゃない!?←自分でも何を言っているのか分からなくなってきた。

そうだ!だからこそ、美味しい時間が長い固いものこそ、この世で一番美味しいのだ!

はい!終わり!異論は認めません!

これを聞いて、俺のことアホだと思ってもいけません!睡眠不足のせいですから!