天才の俺が気付いたら中卒、病気持ちだった件!(((ノ゚⊿゚)ノ

のほほんとしていながら決める所は決める「ガチの落ちこぼれ」が、立ち上がっていく姿を追うノンフィクションブログですぜ

この世で一番美味いものは固いものだ!理論。注:昨日の夜に2分くらいの間だけ考えてたレベルのやつです

美味いものってなんだろう…

これは多くの人間が一度は考えたことがあるのではないだろうか?

正直、美味しさなんかは人それぞれ。味覚が肥えているという言葉もあるが、それは色んなものの味を美味しいと感じれるようになった、

つまり不味いものも、その不味さが故に魅力があると感じれるようになった…

などが理由で、味覚のレベルが上がった訳では無い。

うーむ…でもひとそれぞれって結論は面白くない。せめて自分の中では「こういったものが美味いもの!!」と言えるようになりたい…

 

そこで思いついたのが、「固いものは美味い理論」でありやす。

ある人が90点美味しいと感じる食べ物Aと、20点美味しいと感じる(不味いと思っている)食べ物Bがあるとすると、Aの方が美味しいと考えがち。

この場合美味しさは

その食べ物の食べた時の味的な美味しさ=その食べ物の美味しさ

ってことになる。

だが!!!ここには時間軸が抜け落ちている。

美味しさとは、「食べた瞬間の味わい」×「瞬間の味わいが持続する時間」なんじゃない!?←自分でも何を言っているのか分からなくなってきた。

そうだ!だからこそ、美味しい時間が長い固いものこそ、この世で一番美味しいのだ!

はい!終わり!異論は認めません!

これを聞いて、俺のことアホだと思ってもいけません!睡眠不足のせいですから!