天才の俺が気付いたら中卒、病気持ちだった件!(((ノ゚⊿゚)ノ

のほほんとしていながら決める所は決める「ガチの落ちこぼれ」が、立ち上がっていく姿を追うノンフィクションブログですぜ

「火の無い所に煙をたてる職業問題」 医者、批評家、弁護士などの職業の本質的な矛盾点。

医者は、病気を無くすのが仕事だ。だが病気が無くなったら、医者という仕事は無くなる。
批評家は色んな問題を批評し、表面化させ、解決策を唱え、それらの問題を改善の方向にもっていくのが仕事だ。だがそれらの問題が無くなったら、批評家という仕事はなくなる。
弁護士は困っている人を助けるのが仕事(正確にいうと違うと思うけど、それに触れだすと司法の有用性とかの複雑な話になると思うから、便宜上許してね…)。だが困っている人がいなくなったら、弁護士という仕事は無くなる。
 
こういった、存在意義(なぜその職業があるのか)と職業行為(ある職業が実際に行っていること)が、考えてみたら矛盾している職業は結構存在する。
そしてそれ故に、その職業がその分野で力を持つ時、異常の無いとことに異常がつくられる可能性がとても高い。
こういった社会問題が、「火の無い所に煙をたてる職業問題」。ネーミングセンスのダサさは許してほしいです…。
 
例えば、医者が病気を意図的につくっているという話。高血圧の基準値を決めることなどで、病気を増やしているのだが、これはまさに火の無い所に煙をたてている。人間の身体はそんな定量的に全て決められるほど、単純ではないと思うけど…(ここに関しては病気持ちとして言いたい事凄くある!近いうちに、21世紀病のほとんどは個性とかいうタイトルでなんか書いてみよう)
 
こういった矛盾した職業がつくっているモノゴトの定義や、考え方などには疑いの目を持っておいた方が良いかも。