天才の俺が気付いたら中卒、病気持ちだった件!(((ノ゚⊿゚)ノ

のほほんとしていながら決める所は決める「ガチの落ちこぼれ」が、立ち上がっていく姿を追うノンフィクションブログですぜ

カリフラとケール、二人を結びつけているものって想像以上に大事かも? ドラゴンボール超113話「嬉々として!戦闘狂サイヤ人バトル再び!!」 感想

カリフラ姉さん、ホントにタイプです。ブルマもいるし、いまやドラゴンボールは俺の結婚したいアニメ女性ランキング総舐めだな。

 

今回は悟空とカリフラの戦いが純粋に面白い!スピード感あり、技あり、ワクワクする会話ありの戦闘は楽しいぜ。

何気に残像拳という懐かしの技が出てきたのが、嬉しい。

 

今回の見どころは、戦闘種族サイヤ人同士の戦いということもあり、戦いながら成長したり、戦い自体を楽しむというサイヤ人らしいバトルを見してくれたところ。

そしてサイヤ人の間でも、戦いが好きという事に少し違う意味合いがあることも面白かった。

例えばケールは、最初の方は戦いがあまり好きではない感じだったが、戦うことでカリフラ姉さんに評価されるうちに、少しずつ戦いへの向き合い方が変わっていき、今回ではカリフラ姉さんと共に戦うという事自体に、純粋な楽しみを見出しているようだった。

 

第6宇宙のサイヤ人が出てきたことで、悟空やベジータを見る時の新しい視点「戦闘が好きな理由」というものを考えさせられる。これについて長々と書いてしまい、主題と逸れまくったので、これは別記事に記載。よかったら見て

 

 

hiruma5.hatenablog.com

 

カリフラ姉さんは、戦いの中で喧嘩殺法から格闘家の戦いに変わっていき、悟空といい勝負をするほどの急激な成長を遂げる。しかし流石姉さん、姉さんはケールと共に強くなろうとし、ケールと共に戦いだす。

f:id:hiruma5:20171102174035j:plain

サイヤ人は共に戦うのを嫌がり、一対一の対等な勝負を好む。確かにベジータや悟空はそういった面がある。

でもサイヤ人は元々共闘する民族だった、その団結力をフリーザは恐れて滅亡させた位だし。

そんなサイヤ人の本来持つ一面をキレイな形で見してくれたことには、普通に感動してしまった…。

 

そしてここだ、俺がカリフラさんに惚れたのは!俺達が失いかけている、無条件の妹分的存在への配慮。思わずBLEACH斑目一角のセリフを思い出してしまった

一角「てめえが死ねるかを訊いてんじゃ無え。そいつはてめえの為に死んでくれんのかって訊いてんだよ!」

 

話が散乱してしまいそうなので、まとめると今回は

戦う悟空カッコいい!ケールの事考えるカリフラ素敵!姉さんへの思いが純粋なケール可愛い! という回だ。

伝わったよね?(心配)