天才の俺が気付いたら中卒、病気持ちだった件

病気持ちの元?天才が本気を出すブログです。その傍らゲーム、映画、本、イベントについても

ファイナンシャルアカデミー無料講座 内容編(お金の教養講座、前半)

とりあえず内容をまとめて書いていきます。一部既に忘れ気味ですが、ノートをとっていたので大丈夫なはず。あと前回書いた感想編は間違えて消してしまった。どうすれば良いんだっ!

※は俺の意見です。

前部/

・お金についての知識を得る事と、継続して実践することが要

・チェックリストを使うことで今の自分が、どれくらいのお金のステージにいるのかを客観的に把握する。そしてステージごとの課題をこなしていくのが重要

7つのお金の教養 | ファイナンシャルアカデミー

↑ 公式のチェックリストです

・実践に重きを置いた講義である。また持続することが何よりも大事、その為の理論も必要

・お金の教養を身に着ける=お金に縛られない生き方を送る。その為には、お金の仕組み(ルール)を作る必要あり

一部 お金の教養講座/

1.金を稼ぐ能力よりも、金を持ち続ける能力を身に着ける

 

貯金するには、追加するのでも節約するのでもない。構造自体を変える。

 

ダイエットと貯金の共通点、無理なダイエットは続かない。ダイエットを成功させるのに体作りが必要なように、財布の筋力作りをしよう(一種のシステムづくり)。

※お金を多く持てるシステムをつくるのも重要だが、お金を多く持つのに体が慣れることも重要かな。ダイエットでのリバウンドが障害であるのと同様に。

 

財布の筋力作り=収入の2割を貯金し、2割を自己投資にあてる。残りを生活費に(ここの詳細は次にて)

収入の2割貯金を続けるコツは、引き出しにくいようにしておくこと。例えば地方の銀行に口座をつくるとか。自己投資は投資額以上の収益が得られるもののみにする

※貯金と自己投資の関係は、武器と技術に似ている。確かに両方なくては成り立たない。問題は武器の方が必要な瞬間に調達しやすいという事。技術で武器を買うことも出来る

※自己投資は一歩間違えると、危険な言葉。そこには基盤が必要だと思う。定量化が出来れば判断はしやすいが、未来の報酬は実際の大きさより現在においては小さく見られやすい。不確定性の現実下では未来の報酬を測ること自体無理。最終的には今を犠牲にしている訳では無いという、漠然とした根拠が基盤となるかな?

 

後半に続く