天才の俺が気付いたら中卒、病気持ちだった件

病気持ちの元?天才が本気を出すブログです。その傍らゲーム、映画、本、イベントについても

検査入院 カテーテルで脳の造影

しばらくブログ書いてなかったけど、入院していました。

先天性の脳動静脈奇形の治療の最終チェックだったんだけど、結構大がかりな検査しなくちゃいけなくて。細かい血管を見る必要があるからMRIだけじゃ判断できないんだって。

 

んで検査自体は上手くいったよ。カテーテルって太ももから血管に管を入れて、検査とか治療とかしたい所までその管を血管通してもっていく方法なんだけど、これ自体はもう5回くらいやってるから慣れてる、正直独特な痛みがあるから好きじゃなかったけど今回は特に痛い場面もなく順調だった。

先生の話によると昔は造影剤をいれて脳を造影する時、今の比じゃないくらい辛かったらしい。痛みはないんだけど頭が爆発しそうな感じがするんだよね。医療の進歩に純粋に感謝。俺は東と西の両方の医療に助けられてるからなぁ、ホントにありがとうございます。

実際はそこまで痛みが強いわけでも無いし時間自体も短いから、不安に思うことはないよ。もしかしたらやる人がいるかも知れないから、低確率だけどメジャーな検査だしな。

ぶっちゃけ検査後の6時間安静の方を気を付けた方がええよ、俺は2回目のカテーテル検査時に、絶対安静なのにトイレ行きたくなってしまって大変だったんだから、あいにくベッド上で尿瓶に出来る大きい男じゃ無かったらしい。結末は覚えてないけどね、我慢の鬼らしく我慢したのか、逃げの英傑らしく管を入れられたのか。どちらにせよ嫌な思い出だ。

カテーテルの前にはトイレに行こうぜ!