天才の俺が気付いたら中卒、病気持ちだった件

落ちこぼれた男が少しずつ立ち上がる、のほほんとしていながら決めるところは決めるブログです。うつ病中心の病気(結構治し方分かってきました)、ゲーム(ニンテンドースイッチ中心、スプラトゥーン2にハマり中)、アニメ(ドラゴンボールがめっちゃ好きです!他にも色々見ている最中)、アイディアof落ちこぼれの記事が多いですが、他にもマイブームや美術展を中心にしたイベントについてなんかも書いてるぜ!※「なぜ落ちこぼれたのか」などについては、プロフィールのアイコンをクリックした先に書いてあります

少し生きやすくなる、ひるまの小ネタ提供で本気!

強くなる努力だけでは危険!弱くなる努力の必要性

努力といえば、基本的に強くなるための行為を指す。 でも、強いということが、弱いということより優れていると考えるのはとても危険だと思う。 強くなるための努力をすることは、とても大事なのは間違いない。 しかし、それは強いということの取得に、その優…

空気の支配から一時的に流れる手段 「二人だけで会って話す」

空気の支配というのは、よく言われること。山本七平の空気の研究という本が示す通り、日本には独特な空気が存在する。 この空気は集団の間でも作られ、毎日が内容の無い空気の支配に従った会話で過ごされるという経験は誰しもあるだろう。実際俺もそういった…

頑張ろう!と頑張んなきゃ…

頑張るにも二つ種類がある。 自分の内発的な頑張りたいに支えられた頑張ると、 頭で考えていることと社会に強制されていることゆえの頑張る。 全然違うことを病気になって、体験的に知った どっちかが駄目なわけでは無い、どっちかだけで存在することもあり…

「火の無い所に煙をたてる職業問題」 医者、批評家、弁護士などの職業の本質的な矛盾点。

医者は、病気を無くすのが仕事だ。だが病気が無くなったら、医者という仕事は無くなる。 批評家は色んな問題を批評し、表面化させ、解決策を唱え、それらの問題を改善の方向にもっていくのが仕事だ。だがそれらの問題が無くなったら、批評家という仕事はなく…

全ての成長は余裕から生まれる サーモンランで判った進歩の極意(evernoteの丸写しpart3)

スプラトゥーン2のサーモンランで俺は、特に知識をネットで調べることもしないで、かなり上手くなったと思う。最初の方は出来るはずがないと思っていた行動をし、また状況を見る、味方のしていることを把握するなどの、思考も出来るようになっている(これが…

アインシュタインさんの相対性理論を発展させた、ひるまの総体性理論(evernoteの丸写しpart2)

アインシュタインの相対性理論をもっと突き詰めて、物理の領域から拡大させて考えてみると、この理論は総体性理論という名前の方がいいのではないかと思う。呼び方同じところが俺のセンス! 時間が相対的であるというのは凄い発見だが、実際時間に限らず全て…

形容詞でなく固有名詞で褒める、運で生きるか差別化で生きるか、差別化戦略 愛こそすべて(evernoteの丸写しpart1)

evernotteを使って、普段のちょっとしたアイディアや面白話のネタを場所を選ばず記録で来ているのだけれど、公開の場があんまりない… ということで、たまにここに3つ程まとめて発表しちゃいます。生活のちょっとした気付きや刺激になると思うぜぇ~、ひるち…